2011年11月30日

奥多摩の紅葉と自然

画像

日本経済新聞に、駅やその周辺を紹介しているコラムがある。そこにJR奥多摩駅が紹介されていた。JR青梅線の終点で、東京で一番標高の高い駅だ。ちょうど紅葉が見頃とあり、休みの日に行こうと思いたって行って来た。電車ではなく、車で行って来たけど。事前に奥多摩はどんなとこかとまわりに聞いた所、あそこは東京ではないとの回答が。実際奥多摩は山の中で、東京にもこんなド田舎があるのかと思った。肝心の紅葉はかなりきれいで、多くの観光客や観光バスが来ていた。

まずはじめに奥多摩駅に到着。普通の駅とは違う、観光地ならではの味のあるデザインだった。あんな田舎だけど一応JR青梅線なので、JR中央線のオレンジ色の新しい車両がとまっているのはちょっとギャップのある光景だった。田舎には昭和初期やそれ以前のオンボロの電車が走っているイメージがあるが、やはりここは東京なのだろう。ひとまずここで路駐し、駅前の観光案内所で地図をもらって、紅葉の見所スポットを教えてもらった。

事前に調べて一番行きたかったのは、奥多摩湖の紅葉だ。行くと観光バスや遠方からのマイカーで駐車場は溢れ、その人気ぶりが伺えた。見頃シーズンから1週間ほど過ぎて多少落葉していたらしいが、まだ十分見応えのある光景だった。

続いて奥多摩駅の方に戻り、観光案内所で教えてもらった所有時間1時間ほどの遊歩道を歩いた。ここは駅から歩いて行ける距離で、電車で行く人には良いルートだろう。田舎のわりには駅から近いこともあり、駐車場が700円もすることにブツブツ言いつつ駐車した。この遊歩道は河原に降りることもでき、友達数人でワイワイ行けば結構な時間楽しめそうだ。ここの紅葉は遠くから眺める奥多摩湖とは違い、近くで見れるのでまた違った楽しみが味わえた。

続いて職場の人の教えてもらった日原鍾乳洞に行って来た。カーナビをセットせずに行ったので、行けども行けども辿り着かないことに不安を覚えたが、奥多摩は広いのでめ〜っちゃ離れた所にあってようやく到着した。やはり自然の産物は場所を選んでくれないので、すれ違うのが難しいような山道を走って行った。就職してから星を見に行ってないし、久しぶりの山道にアクセルの踏み込みが深くなる。横や後ろでスピード落とせとかギャーギャー言う人もおらず、久しぶりに爽快な気分だった。

この日原鍾乳洞は都の天然記念物に指定され、想像を遥かに上回るスケールだった。ハシゴのような濡れた階段を登ったり、自然を全身で感じることができる。行って気付いたけど、昔TVで見たことのある場所だった。紅葉のついでに何気なしに行ったけど、ただただ唖然とさせられた。あのすごさは行って体感しないと分からないと思う。

日が暮れてからは、また奥多摩湖に戻って天体写真を撮った。それはまた別にレポートすることにする。
奥多摩は東京から電車でも車でも気軽に行けるし、手軽に自然を楽しめるスポットだ。都会あり、自然ありの多彩な東京を感じさせられた1日だった。



▼JR青梅線奥多摩駅
画像


▼奥多摩湖
画像


画像


画像


画像


画像



▼氷川小橋
画像


画像


▼多摩川
画像


▼日原川
画像


▼河原へ続く階段。ナゼかどれも途中で途切れてる。
画像


▼氷川渓谷遊歩道
画像


▼多摩川のなんちゃら橋
画像






▼日原鍾乳洞入り口
画像


▼日原鍾乳洞
画像


▼大広間
画像


▼石筍。1cm伸びるのに約130年かかるらしい。ちなみに天井からぶら下がる鍾乳石は約70年。
画像


▼写真では分かりにくいが、急な階段が続く。
画像
posted by ともや at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記