2020年06月17日

ホタルと春の星空

firefly.jpg

兵庫県佐用町秋里川に、ホタルの写真を撮りに行ってきた。佐用町と言えば西はりま天文台があり、近くでホタルが見られることは知っていたけど、実際に見に行ったのははじめてだ。柔らかい光り方が幻想的だった。

就職してから9回の引っ越しをし、今は兵庫県姫路市に住んでいる。佐用は姫路から車で1時間くらいなので、思い立って行ってきた。ホタルは5月下旬〜6月中旬が期間らしい。佐用町でホタルが見られる場所はいろいろあるらしいが、今回選んだのは秋里川。駐車場もあり、約3kmに渡ってホタルが見られるらしい。




現地には20時前に到着したが、まだ薄明終了前でホタルはまだ光っていない。ところがここはホタルの人気スポットで駐車場は早くも満車。家族連れやカップルですでに賑わっていた。20時過ぎごろから徐々に光りだし20時半には何十匹とも言えるホタルが右も左も飛んでいた。ホタルをまともに見るのははじめてだけど、こんな幻想的な光り方をするのかと感動ものだった。ふわ〜っと光って、ふわ〜っと消える。その繰り返しで飛んでいる。(ただ虫が嫌いでそこそこ大きさもあるので、近くに飛んでこられるとちょっと気持ち悪い。笑)

はじめはホタルの写真だけのつもりだったけど、結構星も見えていたので一緒に撮影することにした。ホタルは比較明合成でも撮影できるので、天体写真と同じ要領で撮影できた。ただ星と比べてもホタルは暗い。ISO 6400で撮影してこの明るさなので、かなりか細い光り方だ。実際に見る分にはそこまで暗くは感じなかったけど。

今回は弾丸で行ったので上の写真しか撮ってないけど、いろいろと思ったこと。
まずある程度時間をかけて撮影する場合、車のライトが当たらない場所で撮影すること。川と並行して道路が走っている場所は多いので、できるだけ当たらない場所を探したほうがいいだろう。今回は交通量の多い場所だったので、結構ライトが当たってしまい、当たっていない時間帯のものを比較明合成した。

▼車のライトが当たった様子。ホタルの光が台無しだ。
IMG_5223.JPG

またホタルは川の上をメインに飛んでいるので、土手から見ると見下ろす形になってしまう。すると今回のように星とホタルに間が空いてしまった。今回は降りれなかったが、水面に近づいてホタルと同じ目線か見上げる構図で撮影したら、星とホタルが近づいてもっといい構図になったのではと思う。明るいうちに行って下見をするべきなのだろう。まぁ普通はそうするんやろうけど。

撮影が終わり21時過ぎ頃に帰ったが、満車だった駐車場はもう私1台だけだった。子供も沢山いたので、早めに行ってパッと帰ったのだろう。写真を撮ったりゆっくり見るなら、遅めの時間に行ったほうがいいかもしれない。
また見に行きたいと思う。

●撮影データ
Canon EOS 80D
EF-S18-200mm f/3.5-5.6 IS → 18mm F3.5
2020/6/7 20:48 〜 20:56
13秒×23枚をStarStaXにて比較明合成
ISO 6400
秋里川(兵庫県佐用郡佐用町)
posted by ともや at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体写真