2020年06月22日

ルイ・ヴィトンの財布をリペア

821284B0-C0A6-4C85-8C61-3B8E62D1B649.JPG

ちょっと前の話やけど、かれこれ9年使ったルイ・ヴィトンの財布をリペアに出した。これでまた長く使えそうだ。良いものを長く。ブランドもんとは言え、結果的にコスパの高い買い物になりそうだ。

事の発端は二十歳くらいの時。当時バイトしてたす○家のパートが、10年愛用しているヴィトンの財布を見せてくれた。丈夫だから長く使えるよと、まるで新品のような財布にすごいと思ったものだ。

そして就職し、当時「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 」という本がベストセラーで話題になっていた。これを読んで買うぞと思い、当時新宿三越のルイ・ヴィトン(現ビックロ)で購入。無料の名入れもしてもらい、長く使うぞと毎日使い続けてきた。

▼当時のインスタ。
スクリーンショット 2020-06-17 19.56.29.jpg

▼当時のインスタ。名入れした。売られへんやんとツッコまれるが、長く使う気なので売る気はない。
スクリーンショット 2020-06-17 19.57.41.jpg

やはり丈夫さは折り紙付きで、毎日スーツの胸ポケットに入れていても全然よれない。それまでしょっちゅう買い替えていたのは嘘のようだ。しかし9年も使っていると、負担のかかる折り目部分の糸がほつれてきてしまい、革が剥がれて隙間ができるようになってしまった。そろそろ買い替えどきかなと思っていた時に、リペアができることを知ったのだ。

▼折り目の部分がほつれている。
IMG_1646.jpg

IMG_1645.jpg

大阪だと、ルイ・ヴィトン 大阪ヒルトンプラザ店に、アフターセールス クライアントサービスがある。調べるとiPhoneのガラス割れのように、リペアしてくれるお得な非正規は沢山あるようだけど、正規で買ったから正規に頼むことにした。非常に丁寧な対応で、やはりルイ・ヴィトンと思ったものだ。

リペアから戻ってきた財布は、ぐるっと1周縫い直されて、きれいな状態になっていた。良かった良かったと、店を後にした。正規だから安心してちゃんと確認しなかったが、後から見るとコバの部分が出す前よりも剥がれて全体的にボロボロになって帰ってきた。縫い直す時に剥がれたのかな? なんで?と思いつつ後から気づいたので、連絡して有料でやり直しを希望した。もともとコバはよく触れる部分が剥がれかけていて、これも直したほうがいいですか?とリペアする際に相談していた。でもこの程度だと次回でも大丈夫だと思いますよと、営業的ではない良心的な回答をもらっていた。ところがどっこいである。

結果的に無償でやり直してくれることになり、きれいになったのは良かったしありがたかった。ただ思うことはいろいろある。接客対応は期待を上回る対応だけど、修理のレベルが決して高くはない。むしろ低い。コバの剥がれといい、縫い直して革が歪んでいる部分も気になる(もう言わなかったけど。逆に経年劣化などで歪みが生じるなら説明の1つ欲しかった)。リペアしてくれたものの2回とも清掃の1つしてくれた形跡がなく一部ホコリも付いたままだ(これも言わなかったけど)。正規で決して安くない金額を払っているのだから、ちゃんとやってくれる安心感を期待して正規に頼んでいる。これではそのへんのリーズナブルなリペアより出来が悪い。ただただ残念だとしか言いようがない。

まぁもちろんそこはルイ・ヴィトンなので、これはたまたま運が悪かったレアな事例だと思いたい。そして次回からは、正規だとしてもちゃんと確認したいと思う。何はともあれ縫い目のほつれは治ったので、これからまた大切に愛用していきたいと思う。


▼縫い目もコバもキレイになった。10年近く使っているとは思えない。やはりルイ・ヴィトンだ。
スクリーンショット 2020-06-17 19.58.35.jpg



posted by ともや at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記