2012年01月10日

東京モーターショー2011

画像

12月7日に、東京ビックサイトで開催された東京モーターショー2011に行って来た。モーターショーは4年前に行った大阪モーターショー以来で、2年前のモーターショーはリーマンショック後で出展を取りやめるメーカーが多かったので行かなかった。
この4年の間に劇的に車を取り巻く環境が変わっていると感じた。エコカーが多く、特に電気自動車は車の在り方そのものを変えてしまいそうで興味深かった。

インテックス大阪の大阪モーターショーもかなり広いけど、東京モーターショーは世界5大モーターショーと言われるだけあって、スケールが違った。大阪に比べるとショーの数が圧倒的に多く、まさにモーター“ショー"という印象を受けた。かなり端折りながら見たけど、全部回るのに6時間近くかかった。

今回は事前にニュースでもだいぶやってたけど、電気自動車が人気だった。特に日産のブースはかなり人気で、なかなか近づけない状態だった。車好きの多くは電気自動車には興味がないと思うが、日産リーフは車とは違うものなりそうだ。リーフを充電すると、一般家庭の2日分の電力に相当するらしい。だから電気料金の安い夜間にリーフを充電し、昼間にその電力を使うことも可能だとか。また停電時の非常用にも使用できる。このモーターショーは住友林業が住宅メーカー初のモーターショー出展で、リーフを使った家の在り方を紹介していた。今後家を建てる場合は電気自動車対応にし、車をはじめ電気を使う生活の在り方そのものを変えてしまいそうだ。

他にも慶應義塾大学が開発した電気自動車のバスは、タイヤの中にモーターが内蔵されている。その為エンジンの余計なスペースがなく、車内は完全にフラットな状態だ。エコ志向だけでなく、便利さも充実している。これほど車の在り方が変わると、車好きでない人にとっての「車は単なる移動手段」というセリフがなくなる日も、そう遠くはないかもしれない。

他にもトヨタのハチロクと、共同開発したスバルのBRZも人気だった。リーマンショック以降、日本はどのメーカーもスポーツカーや高級車を相次いで販売終了し、面白くなくなっていた中での新たな風だ。今やスポーツカーは高額で庶民の手には届かなくなった中、二百万円代という庶民的な値段も魅力だ。電気自動車ばかりでは面白くないので、こういった車があるのも面白い。

まだ電気自動車が普及する世の中は想像できないが、一気にその流れにシフトした今回のモータショーを見ると、やはり時代はそう変わっていくのだろう。新たな時代に期待する反面、車の楽しみが薄れる残念な気持ちがないこともない。



▼トヨタ86。
画像


画像


画像


▼トヨタの86と共同開発したスバルBRZのProud of BOXER。
画像


▼日産リーフ。
画像


▼三菱の電気自動車「MiEV」。
画像


▼マツダ鼓動。コンセプト。
画像


▼スバル ADVANCED TOURER CONSERT。
画像


▼TVニュースでもよく取り上げられていた、外装がディスプレイになっているトヨタのFun-Vii。チケット制ですでに配布終了していたので、遠くから望遠レンズで撮影した。
画像


▼トヨタのブース。ツッコミどころ満載なドラえもんが、モニターに映しだされていたのでパチリ。
画像


▼ダイハツpocp。
画像


▼トヨタLFA。
画像


▼LFAの中身。
画像


▼AMG C63。
画像


▼マイバッハ。
画像


▼メルセデス・ベンツ Aクラスコンセプト。次期Aクラスはこれに近い形で製品化され、よりスポーティーになり、安っぽいイメージを一新する狙いもあるのだとか。その分値段は上がるらしいが。
画像


▼メルセデス・ベンツの125周年を記念するF125。コンセプト。ハイブリッドにより、航続距離1,000kmを実現したとか。
画像


▼ポルシェは真顔な顔や特徴のある動きで、他とはオーラが違った。メーカーのブランドイメージがそのまま表れている。
画像


▼アウディのブースも凝っていて、車のデータが地面に書かれているというオリジナルのこだわり。
画像


▼BMW i8 Concept。
画像


▼MINI。壁にMINIを取り付けるなど、相変わらず派手な演出だ。
画像


▼ISUSZUの国産初の昭和4年製造の「スミダM型バス」。展示されていたのは、国内に現存する実走可能な最古の国産バスらしい。
画像


▼ISUZUのコンセプト「T-NEXT」。将来はこのようなデザインになるのだろうか。
画像


▼各種大型トラックの運転席に座ることもできる。目線の高さに驚いた。このような機会でなければ、なかなか貴重な経験だ。
画像


▼HYUNDAIの観光バス。写真は青色に照明が光っているが、カラフルに色分けができ、点滅等も可能でムーディーな車内を演出してくれる。日本車にはあり得ない演出だ。
画像


▼パリ・ダカールラリーに参戦した日野レンジャー。
画像


▼トラックもハイブリッドの時代。
画像


▼Cars
画像


▼慶應義塾大学の電気自動車「Eliica」。
画像


▼日本のナンバープレートの歴史。
画像


▼現在日本で使用されている主なナンバープレート。
画像


▼トミカの東京モーターショーオリジナルグッズ。記念に1つ購入した。
画像


▼国土交通相の衝突実験車の展示。車は日産リーフ。
画像
posted by ともや at 04:06| Comment(1) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
今度、地元札幌でも大きなモーターショーが初めて開催されます。
楽しみです。
Posted by ぶどう at 2012年01月11日 12:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185518682

この記事へのトラックバック