2011年09月13日

天文部に入る前に着目すべき点

私の経験を通して、高校や大学の天文部に入部する時に、着目すべき点を書きたいと思う。私の経験や見解なので偏りはあると思うが、1つの参考にしてもらえればと思う。

私は受験する高校を選ぶとき、天文物理部があるという、それだけの理由で受験した。天文部のある高校はそう多くないため、多少学力を落としてまでの受験だった。中学生までは一匹狼で天文をやっていたので、同年代と一緒にみんなで天文活動をできるなんて、ワクワクウキウキだった。同様に大学も学部で天文学を専攻でき、できれば天文部もある大学を選んだ。それで受験したのがあの大学と京都産業大学だった。

しかし言っちゃなんやけど、期待が大きかった分、残念な部分や期待外れな面があったのも事実だ。それは部の在り方の面もあるが、天文部を取り巻く環境も大きいと思うと思う。

天文部は夜間の活動のため、特に高校生の場合は親の同意書の提出が必要になる。また顧問や学校側の責任も大きくなるため、学校側も簡単に夜間の部活動を認められない部分がある。夜間に活動するということは、事実上一泊するということ。この点が、問題になることもある(詳細は過去の記事を参照)。

世間一般に夜間に活動する天文部の特殊な活動が周知されていない分、お上の理解や頭の柔らかさ、あるいは顧問の説得力が大きな鍵になる。私の高校では顧問が理事長に幾度となく交渉したものの、結局認められることはなく、夜間の活動ができない=星を見れない状態だった。ちなみに私の高校は屋上に天文ドームが2つもあったが、私が在学中に利用できたことは1度もなかった。その内の1つの西村製作所のドームは、立ち入りが認められたことすらなかった。学校が夜間の活動や、屋上の使用を認めなかったからだ。しかしシンボルのように天文ドームを写している学校案内のパンフレットを見て、まさか使用できないとはなかなか思わないだろう。

一方で学校側の理解を得ることができ、夜間に学校の屋上で観測を続けている高校もある。それらの成果を日本天文学会ジュニアセッションで発表してる学校もある。また学校を飛び出し、公共の天文台で観測をしている高校もある。私も高校時代、学校や顧問だけを頼りにしててはいけないと思い、とある天文台に直接交渉して観測のノウハウを教えて頂いたことがあった。そして半ば強引に顧問や部員を連れて、その天文台に教えにもらいに行ったことがあった。

多くの場合、天文活動をするにあたって二手に分かれると思う。普通の活動ではないから、そんなん無理と言うタイプ。それと天文部の特殊な在り方や、その必要性を訴えて交渉するタイプ。顧問や学校がどちらのパターンに属しているかが重要になると思う。天文部は一般に暗いイメージや、オタクなイメージを持たれることが少なくない。しかし行動力もなく、そのイメージ通りで活動していて、廃部寸前な部もあると聞く。一方で交渉を重ねつつ積極的に活動し、学術的に価値のある結果を出し、大きく名を知らしめている部もある。

体育会系の部活の場合、試合があれば授業があっても当たり前のように公休がとれる。しかし天文部で天文現象がある時は公休がとれない学校もある。私は高3の時に金星の日面通過があり、顧問に公休の申請を依頼した。顧問は学校に交渉してくれたが、結局無理だった。天文部は夜間の活動を認めなければ、昼間の活動も認めない。結局何が天文部?いつ星見るの?どうやって活動しろと?というのが私の高校の天文部の現状だった。一方で公休をとって観測に備え、そしてその結果を発表してる高校天文部もあるのだ。

高校と大学天文部に所属し、今となればいろいろ思うことはある。しかし少なくとも私の場合は、入部前まではそのような現状を知ることはなかった(確認不足と言われればそれまでだが、当時中学生の私は公休などそこまで頭は回らなかった)。単に天文を楽しみたいならまだしも、本格的に天文を楽しみ、そして学び、その道に進みたいような人には大きな問題になるだろう。ジュニアセッションの発表を聞きながら、私もあのような学校や顧問の元で学べたら....と思ったことは正直数知れない。

そこでこれから、天文部目当てで高校や大学を志望する人にはぜひ確認して欲しいこと。
・天文現象の時に公休をとれるか。
・天文部らしく、夜間に星を見れる機会が年に何回あるのか。
・個人で所有や使用は難しい望遠鏡等の機材を使用できるのか。
・顧問はもちろん、学校側の天文部としての夜間活動に理解があるのか。
・学内だけでなく、学外の天文活動。

これら全てを満たす高校天文部はなかなか難しいと思うが、知って入るか、知らずに入るかでは大きな違いだろう。学校説明会などで確認されるとよいと思う。本気で天文部に入部したいと思うのなら、イメージと現実のミスマッチを埋め、納得してから入学、入部されることをオススメしたい。
posted by ともや at 04:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 天文研究会
この記事へのコメント
まだ、少し先の受験に役立てたいですww

でも、天文部にもそんな問題があるんですね{%顔文字キライhdeco%}

  初めて知りました・・・・
Posted by MUSH at 2011年09月18日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185518685

この記事へのトラックバック