2009年09月07日

那由多の刻

画像

最近ずっと気になっていた焼酎をついに購入した。その辺に売っているので、特にめずらしくはないけど。それは「那由多の刻(なゆたのとき)」という、そば焼酎だ。天文ファンならピ〜ンと来ると思うけど、なゆた望遠鏡と同じ「なゆた」だ。

そもそも「那由他」とは10の60乗という意味。一、十、百、千、万、億、兆、京、垓・・・と続いて行き、10の60乗まで行った所に「邪由他」という単位がある。とても大きな数字の単位だ。(一般には「那由他」だが「那由多」とも書くらしい。)実際に数字で書いてみるとこんな感じ。

1那由他 = 1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

なゆた望遠鏡は公募の中から、選ばれた名前らしい。とても大きいという意味らしい。そして那由多の刻は、長期熟成貯蔵した焼酎だ。トンネル貯蔵庫の樫樽の中で貯蔵熟成したらしい。それが那由多の刻というネーミングになっている。もちろんどちらも名前が被っているだけで、お互い全く関係のないものだけど、おもしろい。

実際に飲んでみると、値段の割にはなかなかおいしい焼酎だった。飲むと、長期熟成しているのがすぐに分かる。中途半端な芋焼酎よりはおいしいかもしれない。でもバリバリ芋派の私には、やはりちょっと物足りないかな〜って感じだけど。


▼星ナビ.com - 飲み星食い月す 「なゆた望遠鏡 新発見記念焼酎」
http://www.astroarts.co.jp/hoshinavi/magazine/hiroba/nomikui/002/index-j.shtml

▼那由他 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E7%94%B1%E4%BB%96

▼雲海酒造株式会社
http://www.unkai.co.jp/product/tyozou.html#b

画像
posted by ともや at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185518737

この記事へのトラックバック