2008年12月04日

芸能界宇宙部

YouTubeでおもしろいのを見つけた。その番組の名は「芸能界宇宙部」。2007年に放送されたもののようだ。実際に見てみたけど、かなり噛み砕いて分かりやすい。NHKじゃなくて、芸能人たちが集結して議論するのはおもしろい。一見またオカルト的な間違ったことを言ってると思いきや、そうでもないようだ。

芸能界宇宙部部長(MC):田村淳(ロンドンブーツ)
芸能界宇宙部顧問(コメンテーター):松井孝典 (東京大学教授)

・芸能界宇宙部
http://www.tv-asahi.co.jp/variety-fes/contents/backnum_program/0039/


宇宙ってどうなってるの?(1)
これは天文ファンなら当たり前と思う知識。聞いてもそれほど感心はしないけど、宇宙を知らない人にとっては感心することだろう。



宇宙ってどうなってるの?(2)
宇宙の果てについて議論している。「その人の知能の限界が宇宙の限界」という話で盛り上がっている。そんな宇宙の捕らえ方もあるのかと、また違った視線で宇宙を見れる。宇宙論をすでに知っている人でも、見るとおもしろい。



タイムマシンは作れるのか?(1)
こんな話題まで議論するのかと言う感じ。さすがに前半は相対性理論的な時間についての説明。なぜこうなるのかと疑う人もいるんだろうけど、さすがにそこまでは議論できないだろう。



タイムマシンは作れるのか?(2)
前半の続きの後、いよいよタイムマシンの核心に迫る。実際光速に近い宇宙船を作るのが難しいことや、ワームホールでのタイムマシンなどは触れられてない。まぁこの辺りも説明しだすと時間がかかるし仕方ないのだろう。だけどタイムマシンは実現可能だということはこれで分かると思う。
posted by ともや at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文

2008年10月26日

星見スポットの光害

画像

星を見ていると、どうしても光害が気になる。最近Google EarthでNASAの光害の衛星写真を表示できるようになった。これを画像で保存したのが上の画像。こうやって見ると、やっぱり星見スポットは光害から外れたところにあるのが分かる。

よく行っている神野山は人気スポットだけど空が明るい。特に光害がヒドい黄色いところからは外れているけど、かなり近くに、しかも挟まれている。これでは明るいのは仕方ないかぁ。そして星見メッカの鶴姫公園、護摩壇山、大台が原は真っ暗だ。特に大台が原は関西で一番キレイな星見スポットと言われるだけあって、近くに光害も少ない。

下の画像は関西と関東周辺。やっぱり東京の方が大阪より光害がヒドい。富士山の五合目は星見メッカだけど、こうやって見るとグルッと半周光害になっている。そう言えば去年富士山に行ったときも冨士宮市の町灯りがすごかった。まぁあそこは標高がすごいから空気はめちゃくちゃすんでいるけど。そして長野はかなり暗い。木曽観測所や野辺山など、有名な観測所があるだけのことはある。標高もあるし、やっぱり長野は星見に向いている。

画像
posted by ともや at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文

2008年10月22日

銀河鉄道の夜 in 関空

画像

行ったきりブログに書くのを忘れていけど、8月終わりに「銀河鉄道の夜&KAGAYAアートの世界展 in 関空」に行って来た。関西空港のSky Viewで行われた。実は私は昔からKAGAYAの絵が好きで、中学生の頃に阿倍野で行われたサイン、握手会に行ったこともある。今回は握手会の日ではなかったけど、それ以来今回で2回目になる。

今回のテーマは宮沢賢治の銀河鉄道の夜で、それにまつわる絵や模型などがたくさん展示されていた。銀河鉄道の夜の夜の奥深さを感じることができた。と言うのも私は銀河鉄道の夜をまともに読んだことがない。昔少し読んだことはあるけど、あまりおもしろいとは思わず読むのをやめた記憶がある。だけど実はすごく奥深くて複雑なストーリーだったのだ。

いつものごとく、ポスターを記念に買って帰った。KAGAYAさんには、今後もアートを描き続けて欲しいと思う。

・KAGAYA 銀河鉄道の夜
http://www.gingatetudounoyoru.com/


▼入り口。ブレてるのはご了承を...。
画像


▼銀河鉄道の夜の原作の複製。かなり字が汚く、何度も書き直している。
画像


▼噂の飛行フライトのシミュレーション。かなりリアルにコックピットが再現されている。Sky Viewにある。1回300円。
画像


▼こんなキレイな虹も見えた。
画像
posted by ともや at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文

2008年10月09日

3人もノーベル物理学賞

画像

ニュースで大きく取り上げられてるのでここで話題にすることでもないかもしれないけど、日本人が3人もノーベル物理学賞を受賞した。しかも素粒子。難しい分野だけど、やっぱり物理の中でも結構熱いなぁと思う。LHCの駆動も目先だし。

京都産業大学の益川先生は、たぶん私のAO入試の面接をしてもらったような記憶がある。その頃からノーベル賞候補だと知っていたので、ニュースを聞いた瞬間京産が頭に浮かんだ。見事にそうだった。そう言えば面接の時も雰囲気明るくて、面接というより雑談で盛り上がっているようだった。あのお茶目な先生の雰囲気だったのだと今になって思う。もし私が京産に行ってたら今頃かなり盛り上がっていたかも。

ノーベル賞でブログ検索すると、めちゃくちゃ出て来る。やっぱり話題は大きい。株価下落など暗いニュースが続く中での明るいニュースは多くの人に夢と感動を与えたのではないだろうか。でもいろいろなブログを見る限り、素粒子の説明を聞いてもよく分からないと書いてる人がめちゃくちゃ多い。まぁ素粒子は日常生活の感覚とはかけ離れているから、分からなくてもムリはないだろうと思う。CP対称性の破れだとか言われても、基礎から説明しないと普通は分からないだろう。

アメリカでは、COBEで宇宙マイクロ波背景放射が黒体放射に一致することと非等方であることを発見した功績で、2人ノーベル賞を受賞したそうだ。これも大分前の話だけど、ビッグバン宇宙論のかなり重要な発見だ。

何はともあれ嬉しいニュースなので、当分は素粒子尽くめになりそうだ。これを機会に私もちょっとは素粒子の勉強を真面目にしてみようと思う。
posted by ともや at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 天文

2008年09月16日

減光用の赤ガムテープ

画像

星を見る時に使う赤い懐中電灯。赤は一番眩しいと感じにくい色なので、赤いライトは必需品だ。赤いセロハンを懐中電灯に貼って使うのがよく言われる例だけど、もっとお手軽なものを発見した。それは赤いガムテープだ。

100円ショップのD社で売っているのを発見して、これは使えると思って購入した。実際に使ってみると、テープをきって貼るだけというお手軽さ。しかも結構減光する。もともと私は普通のガムテープを貼って減光することが多かった。それに色が付いたのでかなりよくなった。セロハン+固定するテープの面倒くささとは違う。

100円なので切れ味が全然ダメだけど、100円で結構保ちそうだ。ホームセンターとかでも、もっといいのが売ってそう。ただ熱さで粘着がとれて懐中電灯がベタベタすることはある。使ったら毎回外すとかの工夫はいるかもしれない。でもそれはセロハンを固定するテープでも同じこと。セロハン以上に実用性もコスト面もすぐれていると思う

長らく天文ファンをしていて初めて気づいた。すでに知っているファンも結構多いかもしれないけど、一応ブログに書いておく。これから星見を始める人にもお手軽なのでオススメしたい。
posted by ともや at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文

2008年08月21日

Wikipediaがかなり充実してきてる

画像

ちょっと前までWikipediaは中身が薄かったけど、最近はかなり充実してきている。ネットで何か単語を検索すると、ほとんど一番上に出て来る。しかも情報量が多くて、私はまずWikipediaで、足りない事は他で調べるというスタイルに変わりつつある。もちろん天文関係の情報量も例外ではない。全部まとめると本が出版できるのではと思ってしまうほどだ。

誰でも書き込みができるので信頼性は欠けるけど、やっぱりあの情報量は手強い。学生のレポートはWikipediaからの引用で、先生にバレバレというのはもはや日常化している。本格的に調べるには向かないけど、あれはどういうことだろう...みたいな疑問には十分対応できる

例えば「ビッグバン」って何だろう?と思って検索すると、ズラ〜と長文が出て来る。この長文の中にどれだけ正確でないものが交じっているか分からないけど、ちょっと前に比べるとかなり改善されているように思う。中には編集が保護されてものもある。手始めに概要を掴むには十分だと思う。

最近部活の後輩に勉強してこいと課題を出したときに、Wikipediaをちゃっかりススメてしまった。もちろんススメたページは事前にちゃんとチェックした。中途半端な個人サイトよりは、よっぽどしっかりしているように思う。

それにしてもWikipediaにはマイナーなものにも結構中身があったりする。特に天文みたいな人数の少ない狭い範囲で、なぜあんなに書き込みがあるのだろうと思う。しかも公式とか使って本格的に書いているのも多い。プロってる人は結構みんな書いているんかな。私もなんか編集しようかな。でも消されたらショックやな。やっぱり見るだけにしておこう。
posted by ともや at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文

2008年08月14日

無料とは思えない、おためしパック

画像

アストロアーツから「ステラシリーズ おためしパック」が出た。期間限定で、ステラナビゲータやステライメージの体験版や、古庄 歩氏の星界一受けたい画像処理講習会のダイジェストムービーなどが収録されている。無料なので早速注文して、今日届いた。無料とは思えない様々なものが収録されている。

まぁアストロアーツの広告と言えばそれまでだけど、これらの商品は結構ポピュラーだけに役にはたちそうだ。星ナビ定期購読の1冊サービス特典まで付いているので、これは使わないと損だろう。ステラナビゲータやステライメージも特別価格なので、これらの購入を検討している方は、おためしパックに入っている振り込み用紙から購入した方がお買い得!

他にもステラナビゲータのパンフレットも入っていて、なかなかだなぁという印象を受けた。星界一受けたい画像処理講習会のムービーは、かなり中身が濃い。というより、本当はこれが目的でおためしパックをもらった。無料だからぜひぜひ注文しても損はないだろう。

・ステラシリーズ おためしパック - アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/products/trial-pack/index-j.shtml
posted by ともや at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文